FC2ブログ

最先端LINEビジネス講座アヴェンダは全額返金可能 要注意…中村和也 - インターネットマーケッター木梨信也の情報商材解体ブログ

最先端LINEビジネス講座アヴェンダは全額返金可能 要注意…中村和也


木梨です。



本日はLINEを使った
アフィリエイトノウハウについて
少し書いてみたいと思います。


最先端LINEビジネス講座アヴェンダ 中村和也

LINEビジネス講座アヴェンダ









もうノウハウがどうとか
LINEの規約がどうとかそういうのは
関係なくしてこの商材は完全に嘘と捏造の塊です。





何故なら少し見て欲しいですがセールスページ上の人物。


正村高貴と言う名前で登場。年齢は44歳。

LINEビジネス講座の画像不正利用


しかし実態は海外営業という事で名前も違う。
明らかに無断使用している事が明白です。

http://news.livedoor.com/article/detail/7174973/

中村和也に盗作されてしまった画像





とんでもない勝手に画像を引用しているという事が判明。





そしてもう一つ。

セールスページで
アヴぇんだLINE詐欺 

元のブログを見ると韓国語しか話せないお爺ちゃんのようです。

http://naka-nakanet.blogspot.jp/2012_02_01_archive.html


中村和也に盗作された画像



韓国語しか喋れないお爺ちゃんが
派遣社員としてアルバイトしていると書かれてますが
韓国語しか話せないという人がこんな文書は書かないでしょう。

おまけに この文書中も変で、

「まだ誰も手を付けていない時にやってこそだと思ったので、
僕はこのLINEビジネスを始めようと思いました。」


捏造する側も少し考えて書いて欲しいと思います。


LINEビジネス講座は嘘と偽りから始まっている。

嘘のデーターが含まれるセールスページ。

http://platonic1000.xsrv.jp/line_business/

このLINEビジネス講座のページでは
このように社会不適合者が作ったと書かれてます。

ライン講座



しかし、このようなWEB上の画像を

無断使用し、嘘のデーターを掲載している

販売者は、完全なる社会不適合者です。






恐らくこの手の販売者は
名前も完全匿名で、中村和也という名前
明らかに怪しい匂いがします。





私がここで伝えたい事は、WEB上の人の画像などを
無断で使用し嘘のデーターを掲載してまで
売りたいのか?という部分。





セールスページ上では、LINEで稼いでるような
演出をしていますが、お金を稼いでいる人間ならば
こんな危ない橋は渡りません。





何故なら今回のような画像のデーターを
無断使用して嘘のデーターを掲載し
販売を助長するような行為をすれば、
購入者全員への返金に加えて
画像無断使用された人に、損害賠償を請求される行為です。





一応ここでは画像を途中で変更されない為にも
魚拓のURLを掲載しておきます。



http://www.peeep.us/b3011a68


いずれも反社会的な行為であって
人の画像とそれに準じて嘘のデーターを
公に晒す行為は、明らかな犯罪行為となります。

そして損害賠償の対象ともなり、
場合によっては慰謝料の請求も可能になります。

こんな誰でも分かる事を平気でするのは
余程の社会知らずか嘘と偽りだけのデーターで
いつでも雲隠れできる人間くらいしかできない行為です。


大半この手の問題を投げると
「セールスページの作成が…」と逃げますか
世の中そんな事は通用しません。


完全な犯罪行為です。

LINEビジネス講座の内容と評価




内容はグループの人間が購入者のところに
他のスタンプが欲しい、LINEユーザーを紹介してくれるので
その人達にスタンプを上げて友達になり
自分のブログなどに誘導してアフィリエイト報酬を
積み上げていくといった内容です。





無料のものでリスト収集するという事に
私は遺憾は、ありませんが、
内容を見る限りクオリティの低いマニュアルで
とても稼げるとは思いませんでした。





いずれにしても、既に買われた人は、
データーの捏造された販売ページを元に
購入意思を持ったので、このような画像の
無断使用が発覚した時点で返金を受ける事ができます。





今から買おうとしてる人は、中断する事は勿論のこと、
今までに買われた人にとっては返金し貰う事を視野に入れて
行動しましょう。





LINEで集客する事は否定しませんが
この捏造データーに対して販売者が、どこかに
トンズラしてしまう前に払ったお金を返してもらう事を
優先して行動して貰いたいところです。





それでは木梨でした。


木梨のメールマガジンの購読はこちら


最後まで行動有難うございました。 また次回。


コメント
非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014-10-09 21:26 from -

トラックバック
Copyright © インターネットマーケッター木梨信也の情報商材解体ブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます