白熱トレンドアフィリ教室と秀吉塾の塾生の声が酷い件 - インターネットマーケッター木梨信也の情報商材解体ブログ

白熱トレンドアフィリ教室と秀吉塾の塾生の声が酷い件


木梨です。



本日は秀吉塾というものについて
触れてみたいと思います。





以前は秀吉塾でしたが

検索逃れなのか全面的に

秀吉塾というキーワードを伏せて

白熱トレンド塾というものに変わったようです。


白熱トレンドアフィリ教室

白熱トレンド塾





もちろん月に5万円という数字を教える
無料塾の裏には、高額コンテンツが登場する事は必至です。





確かにバナナデスクさんが
発売する下剋上はそれ相応のコンテンツでした。





しかし今回、バナナデスクさんが
後ろで推薦しまくる秀吉塾。





入塾者の声を幾つか拾う事ができたので紹介します。


前回の秀吉塾のコンテンツとその実績




一つ目の声


私のところにもたくさんバナナデスクさんからの


秀吉塾についてメールが届いています。


分割がどうとか、


今ではあまり下刻上での成果が出ていないために


悩んでいたのですが、バックエンドも存在すると言う事で


今回は辞めておきました。


ちょっとトレンドアフィリエイトで稼ぐ気が失せました。




確かにあのような宣伝や告知は、実践する人の気持ちを害します。
たかだか1万円台の教材でも人生を掛けるくらい本気の人も居るという事を
分かっていただきたいものです。





2つ目



今回は、少しムカつきましたが

現在別の人からもコンサル受けてて、


また別の、コース(コンサルなし)にも


参加しているのですが


その人たちがバナナデスクとの音声対談などの情報の中の


2014年にとったとされる対談音声のなかで


バナナデスクがこのような初げをしていました。




「今ツールの開発とかもやってるんですけどね」




というのでした。




この一文から考えられることは、


これは、今回の秀吉塾で公開されたツールであることが高い




そして


秀吉が開発したもので、バナナデスクが 嫉妬した


というストーリーで銘打っているようですが、




下克上2014年度版が公開された時期


ツール開発にはコストと時間がかかるの誰でもわかる


上の発言が古くない




これらの事実から推測できることは




ツール開発着手⇒下克上2014年⇒バナナデスク『あっそうだ こういうストーリーにすれば売れるぜ!うへへへ(*´∀`*)』


という風になれべられるでしょう。




という事で実態は、不明ですが、その説もあるかもしれません。



3つ目

下克上購入して1週間ほどで、突然のメールに正直驚きました。

せっかく購入して1週間超えたところなのに下克上はもうだめなの?

下克上作った人が言っているのと同然でショックでした。

締切間近になってますます増える売込メール。

こんなに売込メールが多いのに、質問メールの返信はまだこない。残念です。




気持ちは分かる気がします。


そして4つ目



秀吉塾試しに購入してみましたが、


まあなんというか思った通りでした。




100分の1の労力は嘘っぱちですし。


結局ライバルチェックは自分の目でする必要があります。




ツールは小判などをみてキーワード選定を


していきますが半分くらい?マークです。




どうやら無料ブログ0、


キーワードがタイトル含まない0




の場合?マークで表示されるようです。




そこが一番重要だと思いますし、


結局トレンドアフィリ極めてる人なら、


ご存知だと思いますがサイトの中も、


チェックする必要があります。




感想は残念の1言です。


もう稼げてるから良いですが、


効率化にはあまり向いていませんでした。




突っかかる部分がありすぎて、


バナナさんとか秀吉さんって人に、


直接モノ申したいくらいですね。




単純に暴きたいと言うか。




やっぱり価格が高いと製作費に費用が掛かるようです。
高額塾定番の流れみたいですね。


このような生の声を幾つかネットで収集してみました。


ちょっと酷いですが、
高額コンテンツでも売れるものは
どんどん売ろうというのが販売者側の思考です。



10人増えようと100人増えようと
メール対応が嵩張るだけなので
売る方がメリットなのです。

おまけに利益率も半端ありません。



もちろん再現性も、どこまでのものかと言うと
下剋上の価格に対して今回のコンテンツの価格が
見合うかと言うと見合わない声が多いみたいです。





「秀吉塾」でGoogleで検索されるサイトを
興味深く読み、そしてコメントを見ると
生の声が入っていたので参考にした次第ですが
この秀吉塾に限らず、情報業界の塾は、
リアルの世界の塾とは、異なるという事だけ把握しておいて欲しいところです。


個人的には、内容が詐欺という事はなくても
そのコンテンツの価値が価格と伴っていないという事が
手に取るように推測できます。


またバナナデスクさんのコンテンツと言うよりは、
何か裏で黒い影があるような匂いもします。


以前のバナナデスクさんでは、到底考えられないような
煽り中心となっていますので、この辺は気をつけるべきでしょう。



それでは木梨でした。






私のメールマガジンはこちらで購読可能です。



木梨のメールマガジン



参考記事

情報商材販売者やアフィリエイターは、なぜ嘘をつくのか?

初心者がネットビジネスで成果をあげるコツ。

コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © インターネットマーケッター木梨信也の情報商材解体ブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます