市原高一 SEOの実績と疑問点。2015年検索エンジンの変化とは? - インターネットマーケッター木梨信也の情報商材解体ブログ

市原高一 SEOの実績と疑問点。2015年検索エンジンの変化とは?


木梨です。



いつも購読ありがとうございます。



今日のテーマはSEOです。





この発端は、




副業で25億円を稼ぎ、
自社ビルを建てた男と
メルマガでもあちこちで
無料オファーが紹介されている
こちらの無料オファーです。


2015年検索エンジン大荒れ 市原高一

SEOの巨匠

販売業者 : アカデミアジャパン株式会社


運営責任者 : 石田健


所在地 : 東京都港区六本木6-1-24ラピロス六本木5階


販売URL : http://sys.acadj.net/ichihara/opt/


まず一点、私が驚いた事は、



「2015年、検索エンジンが大荒れが起きる」

「10年に一度の最大のチャンスです」


この発言について。


お前は天気予報士かとツッコミを入れたくなるところですが・・・。



確かにスマホやモバイルでの検索結果には

モバイルフレンドリー対応サイトが優先されるという事を

見ましたが、確かにモバイル専用の検索結果を

打ち出すものらしいです。







しかし、この事を指しているのか

それとも、他にも検索エンジンが大荒れする根拠についても

いささか不明で、私からすれば



「どこから、その自信が湧いているのか」も不明。


そして何が最大のチャンスなのかも理解ができません。


石原高一の実績について


そして何より、

○億稼いだなどと書かれてますが

その収益に関しては120%の確立で

高額コンテンツや教材などの販売代金が

主体の収入では、ないかと思うのです。





つまりSEOの実績は、収入の一部。





私は、そう捉えています。





過去の上位表示実績を見ても

既に見つけられないサイトもあるようだし

SEOのプロとは、考え難いのです。



逆に過去の実績を見る限りでは

検索エンジンから明らかに飛ばされているような

部分も見受けられます。


例えば過去の塾などで上位表示されていたサイトなども

今、検索などをしてみると、「あれ?」みたいな。



少なくとも数年前のセールスページを置いてる人が

キーワード単位で上位表示されているサイトを消したとは思えません。



明らかに飛ばされている、そう見えてくるのです。



これらを踏まえて考えてみた場合、

SEOのプロとも思えませんし

逆に言えばスパムチックな行為により

上位表示を目指しているとしか思えない。



Googleがスパム対策に力を入れている一方で、

そういう逆の視点で乗り越えようとする思考そのものに

私は違和感を感じます。





ただ、SEOと言うものは、目に見えない部分も

多少なりともありますので、中には、この市原氏の

塾やノウハウで成果が出ているという声も

入り混じっているだけとしか思えません。





ただ、Google側の意図としない

スパム行為をして上位表示して稼ぐというのは

短期的でネットビジネス本来の魅力的な稼ぎ方とは思えません。





今回の塾で何を教えるのか知りませんが

私の意見を言うと過去の動向などから見た場合

長期的な戦略とも思えず、いずれとしても、

今さらSEOを学ぶという考えは、必要ないと思います。





その理由として、彼自身はSEOだけで稼いでいたのでなく

SEOを教える というやり方で稼いでる方が

大きい筈なので「市原高一さんの塾でSEOを学ぶ価値」は、

私からすれば感じられないのです。



SEOを学ぼうとする場合、殆どがアフィリエイト、並びに

集客でそれ相応の収入が見込めるものだと思うのですが

SEOを施そうとも、コンテンツが薄いものは、幾らSEOを施そうと

すぐに順位が落ちてきます。



つまり視点をSEOに置くのではなく、読み手中心の

コンテンツ作り。

今後は確実に、これが求められるようになる筈です。


「検索エンジンに上位表示すれば稼げる」
という、浅はかなものでなく、アフィリエイトで稼ぐなら、
アフィリエイトで稼ぐ本質を 学んでおくべきだと思います。

アフィリエイトマスターズプログラム(アフィリエイトで一番と感じた教材)



それでは木梨でした。


何かあれば、いつでも質問下さい。木梨への質問はこちら




コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © インターネットマーケッター木梨信也の情報商材解体ブログ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます